老眼 視力低下 回復

老眼の視力回復目薬

市販の目薬には、眼精疲労やピント機能の回復は期待できても直接的に視力を回復する成分は含まれていません。

 

しかし、処方薬はには視力回復のための成分が含まれているので病院で処方してもうという方法もあります。
ただ、視力回復と言ってもドライアイの影響で視力低下が起こっていた方への効果が高く、老化による視力低下には期待できない可能性もあります

 

ジクアホソル目薬の効果効能

 

ジクアホソル目薬の一般名はジクアホソルナトリウムで、主にドライアイの治療薬として使用されることが多い薬です。

 

ジクアホソルは私たちの目の表面にある涙を留めて乾燥から守っているムチンという粘液成分を増やすことができる効果があります
さらに、結膜から分泌される涙成分を増やします。つまり、保水性が非常に高いムチンによって、結膜から分泌される涙成分を長時間目に留めることができるため、潤いが続いていくというわけです。

 

主に涙の量が少ない、涙を目の表面に溜めることができないタイプのドライアイの症状を訴える人や角膜に傷がない人、上輪部角結膜炎の人にに処方されることが多いようです。

 

効果が出るまでに時間を要すこともあるため、長期間利用することが勧められています。
また、ドライアイが原因となり、涙の層がデコボコになって光の調整がうまくいかずに視界がぼやけて見えるダークスポットができる場合には、ジクアホソルを使用することによって視力が回復が期待できるという報告もされています。

 

レバミピド効果効能

 

レバミピドは、ムコスタという製品名で使用されている点眼薬です。
目の潤いを保つ涙を外に漏らさないように、粘着性の高いムチンが涙を目にくっつけるようにして、乾燥から目を保護しているのです。

 

ドライアイはムチンが減少して起こることから点眼薬としての開発が進んだというわけです。レバミピドを点眼することによって、角膜と結膜に作用しムチンを分泌する細胞を増やして涙の分泌状態を安定させます。

 

これによって、角結膜上皮に関する不調が改善されてドライアイの症状改善が期待できるとされています。

 

しかし、レバミピドの効果や効能が優れているとされるのは、これだけではありません。症状が進んだドライアイで引き起るゴロゴロとして違和感や痛み、炎症の緩和や改善、傷ついた角膜の修復などの効果を示します

 

これは、レバミピドに結構動態の障害を改善したり傷ついた粘膜の炎症を抑えて修復する効果があることによります。
そのため、重度のドライアイの方や角膜に傷がある場合に処方されることが多いようです。

疲れ目に効く市販の目薬

スマイル40 プレミアム
ライオン株式会社
参考価格 ¥1,512

年齢や目の酷使による眼精疲労に10種の有効成分が効きます。
防腐剤(塩化ベンザルコニウム、ソルビン酸カリウムなど)を配合していません。

 

スマイル40EX
ライオン株式会社
参考価格 ¥864

トリプルビタミン処方で目の疲れ・目のかすみ・充血・かゆみに優れた効果を発揮します。

 

 

ロート V11
ロート製薬
参考価格 ¥1,404

4種の栄養成分、3種の抗炎症成分を含む11種類の有効成分がつらい目の疲れやかゆみ・充血を改善します。

 

 

養潤水α
ロート製薬
参考価格 ¥950

おやすみ前の一滴で日中に酷使した目の疲れを4つの栄養成分が眠っている間に癒します。

 

 

サンテ ボーティエ
参天製薬
参考価格 ¥1,620

瞳のターンオーバーを促進する成分、角膜を保護・保湿する成分、目の中の筋肉の疲れを癒す成分など5つの成分を最大濃度配合しています。