老眼 視力低下 回復

老人性白内障

白内障は中年以降の方に見られる黒眼が白く濁る目の病気です。
白内障は早ければ40歳前後、60歳を過ぎたあたりから誰にでも起こりうる老化現象なのです。
ただ、白内障は老人のなる眼病と認知されているせいか、老眼が悪化すると白内障を引き起こすと思っている方も多いようです。

 

しかし、老眼と白内障は劣化している部分が異なるので、誘発する要因にはなりますが、最大の原因は加齢です。

 

物を見る時は、水晶体を通して、目の中に光が入ってきて綺麗な像を結ぶのですが、この水晶体が濁ってしまうと、光が散乱する為、まぶしく感じ、物が見えにくくなります。
水晶体が濁って視力が低下する病気を白内障といい、加齢によって起こる白内障を、老人性白内障といいます。

 

つまり、白内障は水晶体の透明度の衰えが原因と言えます。
これは年齢を重ねるとともに、新陳代謝が衰えて、水晶体に含まれるたんぱく質が変性することで濁りはじめます。

 

白内障の主な症状・昼はもや夜はまぶしい乱反射

 

  • 薄暗いとチカチカする
  • 明かるい所だともやかかってるように見えにくい
  • 飛蚊症の症状が出る
  • 見えにくくなった
  • 矯正しても視力が出ない

 

むし?飛蚊症とは?

 

小さな虫が目の前を飛ぶように見える飛蚊症は加齢によっておこるわけではありません。

 

しかも、この症状は病気ではないため、特効薬もありません。

 

対処療法としてルテインサプリを飲んでいる方が多いようです。

 

 

目の老化と視力低下と白内障

加齢による老眼は、その水晶体を支える毛様体筋が衰えることで、ピントを即座に合わせられず、ピントが定まらなくから、目が見えにくくぼやけて見えるなど視力低下をもたらします。

 

つまり、老眼は水晶体の動きを司る毛様体筋の筋力の衰えということになります。
老眼は目の筋肉の老化現象ですので、65歳くらいまで進行し、放っておくと症状が悪化し続けます。

 

さらに、白内障を患うと白内障は 症状が軽いうちは、それほど生活に支障はでませんが、進行するとどんどん視力は低下しますので、治療法として、水晶体を取り除く手術を行います。
手術というとリスクが気になるところですが、安全性も高く、入院の必要のない、日帰りで行える手術です。

 

今では、白内障予防のための目薬もあり、軽度の白内障であれば手術を行わずとも目薬で治せるようになりましたので、自分の黒眼を鏡で確認し白くぼやけて見えるようでしたら早めに病院で治療を開始することをおすすめします。

 

ルテインと老眼と白内障

 

老眼・白内障ともに効果的な成分があります。
それがルテインです。

 

老化に伴っておこる2つの症状ですが、どちらもともルテインという成分を摂取すると視力回復につながるとされています。

 

それは、ルテインがもともと黒眼の中に存在している成分だからです。

 

そのルテインが老化により消滅していくため視力が低下していきます。

 

ルテインサプリメントでルテインを摂取すると消滅した分が回復されるため視力の低下を抑制することができます。

 

 

老眼と予防目薬クララスティル

加齢による視力の低下で注意が必要な白内障ですが、近年は目薬で予防、白内障の初期ならば目薬で治療できるようになりました。

 

白内障は体内に存在するカルノシンという成分の濃度が減少することで起こります
クララスティルの主成分はN-アセチルカルノシンというもので、目に点眼すると眼球でカルノシンに変わり、強力な抗酸化作用をもたらします。

 

加齢による細胞の酸化のせいで濁ってしまった水晶体を、抗酸化作用によって酸化するのを防ぐことで、加齢による白内障を予防します。
初期の白内障ならば、クララスティルを点眼するだけで、進行を止め改善させるので、内科医の先生が年配の方に勧めるくらい認知されている目薬です。

 

ちなみに・・・
この薬は、犬にも使用されています。
犬社会も高齢化がすすみ、最近、目が白く濁っている犬が増えています。
みかけませんか?

 

人間と違い、鼻が利く犬はぼんやりとしか見えなくてもあまり支障をきたさないという話もありますが、動物病院では点眼を勧めているようです。
犬の場合、保険が効かないので1本5000円くらいするとか・・

 

高いお薬ですが、抜群の効果があるらしく、飼い主には好評のようです。

白内障予防は紫外線カットから

白内障というとかなり高齢の方がなるというイメージがあります。
でも白内障は若い頃から紫外線が目に入りなるものです。

 

白内障予防はメガネです。
UVカットレンズ、コンタクトもUVカットレンズがお勧めです。

 

色付きのサングラスは瞳の光彩が暗いところで大きく開くためできれば色付きでない方が好ましいです。
メガネのほかは帽子と日傘です。
夏は特に紫外線防止につばの広い防止、そして日傘をお勧めします。

 

白内障は高齢になると誰もがなるといわれています。
しかし若い時からの注意が必要です。
アイスランドなどの日差しの弱い国は、白内障にならないと確か聞いたことがあります。

 

あとは高齢になると防ぎきれないため目医者様に通院して白内障予防の目薬をいただいて予防で目薬を注すしかないのでしょう。
とにかく白内障は高齢になれば皆様なるといわれております。

 

若いうちからUVカットメガネを、かけてコンタクトレンズの方は素通しだて眼鏡にもUVカットを、入れることをお勧めします。
紫外線防止が1番です。

 

 

白内障を予防する食べ物

 

白内障は目のレンズが濁ってきて、周りが白っぽく見えてくる病気です。
年をとっていくにつれて、白内障にかかる人がかなり多くなってきますので、若いうちから、意識して予防するのが大事ですね。
白内障予防には、紫外線から目を守ることルテインが多く含まれる食べ物を摂ることがお勧めです。

 

また、食べ物の中で1番ルテインが多く含まれるのが、ほうれん草です。
ブロッコリーや、グリーンピースなども、ルテインが含まれますが、ダントツにほうれん草のルテイン含有量は多いです。
できれば、ルテインは脂溶性なので、吸収率をよくするために、ほうれん草ソテーのようにして油で炒めて食べるのがお勧めです。
あとは、ルテインのサプリメントもたくさん出てますので、それを利用するのもいいかもしれませんね。

 

白内障予防にサングラスはおすすめ

紫外線は身体を老化させてしまいますが、目は光でもって周りを認識しているため、他の臓器と違って、そのまま守られることなく、外部に接しています。
だから余計に注意して紫外線から守ってあげないといけない組織なんです。

 

できれば外に出るときはサングラスをかけるのがいいですね。
サングラスでも色が薄いほうがいいんです。
濃い色のサングラスでは、瞳孔が開き、光を余計に集中して浴びてしまうので要注意です。

白内障予防にルテインがいい理由

加齢と共に罹患率が上がる目の疾患に白内障があります。
その発症率は60代で70〜80%、70代では80〜90%とも言われ、ある程度の年齢に差し掛かれば、ほぼ全員が発症すると考えてもおかしくないものです。
白内障を引き起こす要因は、目を酷使する環境にあることや、紫外線やダイオキシンなどの環境によるものや加齢によるものなど諸説ありますが、目の外傷やアトピー、糖尿病などによって引き起こされることもあります。

 

いずれにしても視野や視力の妨げになる状況は可能な限り避けたいということには変わりありません。
そこで使ってみたいのがルテインです。
ルテインはカロテノイドの一種で植物や野菜に含まれている色素成分です。
水晶体や黄斑部という目の部位に存在し、光そのものを遮るはたらきをしたり、紫外線などの有害物質から受けるダメージを抗酸化作用で防御してくれます。
これにより、水晶体を白く濁らせることも防ぐことが可能となるのです。
その結果、白内障を予防するためにはルテインがいいといわれるようになりました。

加齢だけが原因ではない白内障

白内障は、持病の影響や治療に伴い発症してしまうこともあります。

 

この場合年齢は関係ありません。

 

糖尿病の網膜症と白内障

 

糖尿病は目に網膜症や白内障を引き起こす原因になります。

 

網膜症は失明をもたらす怖い病気ですが、糖尿病を起因とする白内障でも手術をすれば水晶体の濁りは取れ視力は回復します

 

よって、糖尿病の方は日ごろから目の異変にすぐ気づくようにチェックが必要ですね。

 

ソルビトールと白内障

 

ソルビトールは人工甘味料で、カロリーは砂糖より少ないのですが糖分であることはかわりありませんが、糖尿病の方が勘違いして利用すると大変なことになります。

 

そして、ソルビトールは糖尿病の合併症で起こりやすくなる白内障を引き起こしやすい物質ともされています。

 

ソルビトールは甘味料としてダイエット食品に多く使われいますので、医師からダイエットを忠告されたからとダイエット食品を使ってダイエットすると逆に合併症のリスクを高めることになるので注意が必要です。

 

放射線治療後の放射能の影響に注意

放射能を使った治療は諸刃の剣と言われるだけあって、リスクも存在します。
それが放射線治療後に発症する白内障です。

 

ですから放射線治療を頻繁に行う方は定期的に眼科で視力検査や白内障のチェックをしてもらう必要があります。

 

タバコが目にいいわけがない

じわりと白内障のリスクを上げるの喫煙習慣です。

 

喫煙は毛細血管をキュッと縮めるため必要な酸素や栄養が目に届きにくくない白内障の発症リスクを高めています。

 

体にとって毒でしかないタバコ視力が落ちてきたなーと思う50過ぎの方は禁煙をおすすめします。

 

アレルギー治療によるステロイド点眼薬に注意

花粉の季節、アレルギー性結膜炎に涙する人も多いのではないでしょうか?

 

市販薬では効かず、病院でステロイド点眼薬を処方してもらい春をしのぐという方もいるでしょう。

 

春だけと言っても、2月の末から?の後半までの2か月間、毎日数回の点眼は白内障のリスクを高めます。

 

人間だけじゃない、犬・ねこ・うさぎ・モルモット

 

白内障は人間だけの病気ではありません。

 

ペットとして飼われている動物は寿命が延びたので人間と同じように白内障を発症するようになりました。

 

動物は不便を感じないかもしれませんが・・・

片目じゃなく両目におこる傾向がある

白内障の中でも特に老人性白内障は両目におこるのが特徴です。

 

ただ、進行スピードは違う場合があります。

 

ただ、先天性には片目だけ白内障だったり、もちろん外傷による白内障であれば片目だけ白内障を引き起こすこともあります。

白内障にアントシアニンやアスタキサンチンも良い理由

白内障は年齢と共に発症リスクが高くなり、80代では、ほぼ100%の確率で発症する眼の疾患です。

 

一度発症すると、薬で治療することができず、症状の進行に合わせて手術を行い、水晶体の濁りを除去する以外方法はありません。

 

しかし、発症時期を遅らせたり、進行を遅らせることは可能です。

例えば、強い抗酸化作用を持つアントシアニンは、水晶体を白く濁らせる原因である活性酸素を除去して白内障の発症を抑制してくれます

 

また、カニやエビ、オキアミなどに含まれているアスタキサンチンも活性酸素を除去する強い抗酸化作用を持つことが分かっています。

 

アスタキサンチンは血液網膜関門という網膜を防御するフィルターシステムを通過することができる限られた成分のひとつです。
アスタキサンチンの特性を活かすことで、より効果的に目の中の活性酸素を除去して、たんぱく質の酸化を抑えて水晶体の白濁を遅らせることが可能になります。

 

このように、アントシアニンやアスタキサンチンを日頃から摂り入れることで白内障の発症を回避したり遅らせることができるのです。

コンタクトレンズの白内障治療でのリスク

コンタクトレンズは角膜の上にのせて、目の視力調整を行いますが、長年のコンタクトレンズ装着が白内障手術を断念しなければならなくリスクがあることをご存知でしょうか?

 

角膜の裏にある角膜内皮細胞により硝子のような透明な角膜を作るのですが、コンタクトを角膜にのせることで角膜内皮細胞が消滅していきます。

 

この角膜内皮細胞は生まれて以来、減ることはあっても増えることはない大切な細胞です。

 

60代になると角膜内皮細胞の密度は2000〜2500ぐらいが平均です。

 

ところが、角膜にコンタクトを載せた影響で、2000を切る方が出てきます。

 

角膜内皮細胞の密度が700以下になると白内障治療が不可能になってきます。

 

白内障予防のために重要な目の成分

加齢が原因で目が白く濁る白内障、どのような成分や働きが白内障をもたらすのか知っておくとどんなサプリメントが視力回復に必要なのかわかりやすくなります。

 

クリスタリン

 

水晶体に存在するタンパク質の一種でクリスタリンタンパク質と言われます。

 

水晶体の中身はクリスタリンタンパク質と水です。

 

そして、白く濁る理由がクリスタリンタンパク質です。

 

ですから、白内障の手術で水晶体の中身を取り除きますが、この中身こそクリスタリンタンパク質です。