老眼 視力低下 回復

眼精疲労と肩こりと頭痛とめまい

眼精疲労とは疲れ目のことで疲れ目は、目の使い過ぎによる水晶体の周りを取り囲む毛様体筋の疲労によって起こります。

 

パソコンや携帯電話などを長時間使用することは、毛様体筋が緊張し、目に疲れがでます。
また、眼鏡やコンタクトの矯正度数が合っていないと、無理にピントを合わせようと、毛様体筋に緊張が生じ、目に疲れがでます。

 

老眼も原因のひとつです。
毛様体筋肉の機能低下が老眼を引き起こします。
老眼で見えにくくなった目で無理にピントを合わせることが、機能が低下した毛様体筋をさらに疲労させてしまいます。

 

眼精疲労がもたらす頭痛には緊張型頭痛片頭痛があります。
緊張型頭痛はめまいを伴う場合がありますが、片頭痛はめまいを伴うことはありません。
頭痛は、脳動脈が収縮し、続いて頭蓋骨の外の血管が拡張することによって、痛みが発生するタイプと、強い肩こりが首筋までさらに、眼精疲労をもたらした目の周りの緊張が血行不良をもたらし頭痛をもたらします。

 

眼精疲労にはめまいを伴う場合があります。
眼精疲労からくるめまいは視性めまいが多く、PCやスマホから発生する強い光を長時間浴びたことが原因で起こります。
視覚の異常を脳が受け取ると「視性めまい」を引き起こします。
視性めまいには、空間認識障害や強い光による衝撃などさまざまな要因がありますが、眼精疲労も視性めまいの大きな要因といわれています。

 

眼精疲労に伴う血行障害はめまい単独で起こる場合もありますが、頭痛のあとにめまいが起こる場合もあります。
その場合は、前段階として、視野障害、構音障害、耳鳴り、聴力障害などが伴う場合があります。

 

ただ、めまいの場合は、重篤な病気が隠れている可能性がありますので、要注意です。

 

ストレスも注意が必要です。
ストレスなどにより自律神経が乱れると交感神経が優位に働いてしまい、瞳孔が大きく開きます。
肩こりを伴うめまいで、検査上異常がない場合は、ストレスなど精神的疾患が原因となっていることが多いようです。
頭を上に持ち上げたり、おじぎをする時に数秒間フワーとした感じがすると、自律神経の乱れにより血管が収縮し、筋肉が緊張することにより肩こりになると考えられます。
この場合、首や後頭部を温めたりマッサージすることで症状が軽減されます。

 

眼精疲労・肩こり・めまい・頭痛のいずれかが状態が続くと、毛様体筋肉は過剰な緊張が強いられ、目に疲れが出ます。
疲れ目には十分な睡眠が必要です。とにかく目を休ませてあげましょう。
目の周りを温めることも疲れ目改善には効果的です。
もし、十分な睡眠をとっても目の疲れがとれないようであれば、それは眼精疲労のサインで、目以だけでなく体全体に症状が出てきます。

目が疲れる原因と対策におすすめのサプリメント

サプリメントで、眼精疲労を緩和する成分を摂取すしているという人は多いようです。
目が疲れやすい生活環境の中にいつもいて、目が疲れやすい方は、何かしらの対策を講じる必要があります。

 

目が疲れる原因はさまざまな事が考えられますが、仕事などで目を酷使する環境が影響している場合が多いようです。
ディスプレイを長時間見ている作業や、根を詰める細かい作業をしていると、目を長時間にわたって使い続けることになります。

 

疲労からの回復の早い目になるために、サプリメントで目の健康にいい成分を補給するという人もいます。
パソコン操作など、液晶画面を長い時間凝視していると、目の筋肉が疲弊してしまうことがあります。
目を酷使するとわかっていても、しなさなければいけないような作業はあります。
仕事の関係上、今日じゅうに終わらせてしまたいというケースは、よく起こりえます。
作業の合間に少し休憩を入れて、できるだけ遠くの景色を眺めることや、少し目を閉じて休めることも大切です。

 

その他にも、蒸しタオルをまぶたの上にのせて、血行などを改善していくことも、有効な手段といえるでしょう。
目の健康は、全身の健康状態とも深く関わっています。健康でいられるように、食事で不足している栄養成分がないかをチェックしてみてください。
サプリメントを使うことで、食事改善をしたいけれどそこまで都が回らないという人でも、栄養の補給が可能です。目を使いすぎると、眼精疲労がドライアイや、首や肩の凝り、頭痛へと発展していきますの。まずは栄養成分の確保について考えてみましょう。