老眼 回復

多焦点眼内レンズで老眼治療

 

2007年夏に多焦点眼内レンズが高齢労働省に認可され、高度先進医療として日本でも老眼治療を受けることができるようになりました。

 

そもそも多焦点眼内レンズとは、老化現象でピント調節機能が落ちて低下した視力を補正するために、遠近両用の人工レンズを眼内に装着する手術です。

 

多焦点眼内レンズには、屈折型と回折型の2種類があります。
それぞれに特徴があります。

 

屈折型は、回折型と比べると遠くが見えやすく、暗いところでも見え方の質は落ちません。
しかし手元が見えにくいため、中間から遠方の視力を求めている方向けです。

 

回折型は、屈折型に比べ近くが見えやすく、日常生活において不便さを感じることはほとんどありません。
しかし若干、暗いところでの見え方の質が落ち、また乱視の影響を受けやすいというデメリットもあります。

 

このように、それぞれにメリット、デメリットがあるため年齢やライフスタイルによってレンズを選択していきます。
この手術は先進医療ですので、先進医療実施施設に認定されているクリニックで行うと、かかる費用の一部が保険適用となります。