老眼 回復

老眼が日常生活に支障・性格や能力への誤解

老眼がはじまると、徐々に近くの物が見え辛くなってきます。
これは、ものを見るレンズのピントを合わせる毛様体のいう筋肉が衰えることで起こります。

 

毛様体の衰えは、45歳前後から始まりますので、その頃から近くの物を見るピントを合わせるのに時間がかかるようになり、日常生活にも支障をきたすこともあります。

 

もし仕事でデスクワークをしている場合は、文字が見づらくなるため、処理速度が落ちてしまいます。
パソコン作業でもミスが多くなり、それを修正することも増えるようになり作業効率も悪くなります。

 

こういう状態が続くと、上司からはやる気がない、緊張感がない、集中力に欠けているなどと思われ、職場での信頼性がなくなるなど、仕事にも悪影響を及ぼすことも少なくありません。

 

また、ピント合わせに時間がかかるようになると、目に負担がかかり、眼精疲労が酷くなってくるとうつ病のような症状が現れることもあります。
精神的な面にも影響を及ぼし、周囲からは性格が変わったなどと思われることもあります。