老眼 回復

目がかすむ・ぼやける原因は老眼だけじゃない

年齢を重ねるとともに老化現象は現れてきます。
目にも現れ、これを老眼といいます。

 

主な症状は目のかすみやぼやけなど、近くを見る力が低下してくるのです。

 

しかし、このような症状が起きたからといって、全てが老眼のせいだとは限りません

 

たとえば、白内障も初期の症状では目がかすんだり、見え辛くなり、どんどん視力低下が進行してきます。
これは水晶体が白く濁ってくる病気で、手術すれば視力を取り戻すことができます。

 

また、加齢黄斑変性の可能性もあります。
見ようとするものの真ん中がかすんだり、ぼやけたりする病気で、これは網膜の中心部にある黄斑の障害で起こる病気です。
考えられる原因は老化、紫外線、喫煙、食生活の乱れなどが挙げられます。
レーザー治療で進行を食い止めることはできますが、一度痛んだ網膜は元には戻りませんので、早期発見早期治療が望ましいです。

 

このように、老眼だと思っていた症状でも別の病気が引き起こしている可能性もあります。
自己判断では、本当の原因を見逃すことにもなりかねませんので、気になる症状が現れたら、まずは病院を受診しましょう。