老眼 回復

緑内障は老眼の前兆?40歳を過ぎたら注意したい

年齢を重ねるごとに体は老化し、さまざまな病気を引き起こす原因になります。

 

緑内障も老化減少の一つです。
加齢によるもう様態の機能低下によって起こる病気なのです。
症状が進行しても手術をすれば視力が回復する白内障と比べ、緑内障は回復が見込まれる病気ではありません。

 

緑内障は閉塞隅角緑内障開放隅角緑内障という種類に分けられます。

 

閉塞隅角緑内障は、角膜と水晶体の間を満たしている房水のバランスが崩れ、眼圧が上昇することで起こります。
自覚症状が現れやすい緑内障ですので、すぐに治療をすれば回復は可能ですが、対応が遅れてしまうと失明してしまう可能性もでてきます。

 

開放隅角緑内障は、慢性的な視神経の圧迫が続き視野が欠けていく緑内障です。
初期症状はほとんどなく、視野の欠け5年から10年と長期に及び徐々に進行していきます。
両目だと視野の欠けを補うため自覚症状が分かりにくく、気づいた時にはかなり進行している場合が多いため、治療も困難になってきます。

 

緑内障は早期発見、早期治療が不可欠です。
そのためにも40歳過ぎたら、定期的な検査をおすすめします。