老眼 視力低下 回復

老眼用コンタクト

老眼のストレスのひとつといえば、物を見る際に眼鏡をかけ直すこととおっしゃる方が少なくありません。

遠近両用だったとしても角度を変えなければならないことも面倒になりますよね。

 

そんな方たちのために開発されたものに老眼用コンタクトレンズがあります。
一般的には遠近両用コンタクトレンズとして販売されています。

 

ソフトレンズや使い捨てなど、通常のコンタクトレンズと同じように商品ラインナップがあります。
遠近両用眼鏡の場合は、レンズの上部が遠方用、下部が近方用として作られていますが、コンタクトレンズの場合はレンズの外側が遠方用、内側が近方用として設定されていますが、特別なことをせずとも自然にピント合わせを行ってくれるようになっています。

 

老眼用コンタクトレンズのメリットとしては、広い範囲で矯正できるので、視野が広くなったり、眼鏡を調整するなどの手間がないという点があります。
その一方で、くっきりと見えづらい、暗い環境で瞳孔が開きやすい夜は遠方が見えづらいという意見もあります。

老眼用コンタクトと遠近両用コンタクト

近眼用は眼鏡であれコンタクトであれ、合わせる度数は1つです。

 

しかし、遠近両用のコンタクトは、近いのはピントが合わず見えにくく、遠くの方は見えないので、遠くと近く両方の2点を合わせる必要があります。

 

この状態は老眼も同じケースなので、老眼用コンタクトも遠近両用のコンタクトを使用します。

 

 

昔は、老眼には老眼鏡という選択しかなく、老眼鏡を愛用の方は、近くは老眼鏡であとは裸眼や近視用のメガネを利用しているという方が多いです。

 

しかし、眼鏡と異なり、取りはずしは眼鏡ほどスムーズにできない老眼用コンタクトの場合は遠近両方の役割を担うことがコンタクト1つでできます。

 

老眼コンタクトの場合遠近どちらにピントを合わせても目に負荷がかかりにくくなっている特殊なレンズ構造になっているからです。

 

これにより、老眼鏡をつけると年寄臭くて嫌だという方でも、老眼コンタクトなら恥ずかしくないと好まれている方も多いです。