老眼 視力低下 回復

老眼レーシック

レーシックと言えば、一般的には近眼の方が視力を上げるために行う目の手術です。

 

よって手術方法に差はあっても基本的に

 

麻酔→フラップ作成→レーザー照射→フラップを戻す→洗浄

 

の流れでレーシック手術は完了です。

 

一方、老眼レーシックは近眼のためのレーシックとは目的が異なるため、手術の種類が多いのが特徴です。

 

まず、目の状態が白内障を発症しているかいないかで手術方法が異なります。

 

白内障を発症している場合

 

白内障を治療することで視力回復を目指します。

 

・多焦点レンズによる白内障治療
・レーザーによる白内障治療

 

 

白内障を発症していない場合

 

・遠近両用レーシック治療
・老眼用眼内コンタクト埋め込み治療
・老眼カメラ治療
・モノビジョンレーシック

 

遠近両用レーシックとは?

 

レーシック手術といえば、近眼矯正のために受けるものでしたが、近年、老眼の改善をすることができる遠近両用レーシックができるようになりました。

 

近くを見る際には老眼鏡、遠くを見る時には裸眼でというスタイルはとても面倒で、ストレスになってしまいますが、遠近両用レーシックであれば、すべて裸眼で過ごすことができます。

 

遠近両用レーシックでは、角膜の表面をレーザーで削って凹凸をつけ、遠近両用のコンタクトレンズに似た形状に変化させることで、遠近だけでなく、中距離にも対応した自然な視力を整えます。

 

手術の際には、目薬で部分麻酔を行い、角膜にレーザーを当てるだけです。手術時間はわずか10分程度と超時短です。

 

痛みも感じることなく、通常であれば、30分後には眼鏡を使用することなく小さな文字を良くことができるといいます。

 

また、白内障の手術と同時に遠近両用レーシックを行うこともできるため、今後、多くの人に支持されることは間違いないでしょう。