老眼 視力低下 回復

老眼を良くする方法

老眼を良くする方法は、目に良い成分を積極的に取り入れることも一つの方法です。

 

特に、テレビゲームやパソコン、スマートフォンなどの普及により、目を酷使する機会が多い方は、目のかすみ・目の疲れ・ドライアイなど、様々な目の症状が現われます。

 

こういった目の症状が気になるという方は、目に優しい成分を摂取してみると良いでしょう。

 

目に優しい成分とは、例えばルテイン・β-カロテン・ビタミンA・アスタキサンチンなどがあります。
ルテインはケールなどに含まれる色素で、栄養価が高く抗酸化作用があります。
有害な青色の光から目を守るフィルターの役目を持っています。

 

β-カロテン・ビタミンAは人参に多く含まれる成分です。
網膜機能や粘膜の維持の効果があり、目の疲れや乾燥を防止してくれたり、黄斑変性症の予防効果も認められています。

 

アスタキサンチンは、紅鮭に多く含まれている成分です。
網膜にダイレクトに抗酸化作用を発揮できるため、活性酸素のダメージから目を守ってくれます。
血流を良くして、眼精疲労にも効果があるといわれています。

 

これらの成分は食品やサプリメントから摂取することができますので、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

注目のルテイン

目は活性酸素の影響を受けやすく、ダメージも蓄積されやすいため、目の老化に繋がります。

 

視力を回復するためには、その活性酸素を除去する成分を摂取することが有効です。

 

強い抗酸化作用をもつことで知られているのが、ルテインという栄養素です。

 

このルテインは、目の水晶体や網膜の中心にある黄斑部に存在している成分で、ルテインが不足することで水晶体や黄斑部がダメージを受けることになります。

 

人間の体では作り出すことができない成分なので、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜を食べたり、ルテインサプリメント摂取したりすることで補う必要があります。

 

眼病患者にルテインを積極的に摂取してもらったところ、驚くべきことに視力が回復したという報告もあります。

 

ルテインを積極的に摂ることは視力の回復にとても重要なことなのです。

 

 

 

 

アスタキサンチンでなければ通れない場所

アスタキサンチンとは、鮭を赤くしている赤い色素のことで、強い抗酸化作用があります。
ベータカロテンの約40倍、ビタミンEの約500倍もの抗酸力があり、非常に注目されている成分のひとつです。

 

目の網膜には、必要な栄養だけを分別して送り込む血液網膜関門といわれる網膜を保護するためのフィルターのようなシステムがあります。
ビタミンCやE、βカロテンといった抗酸化作用をもつ成分は通ることはできませんが、アスタキサンチンはそこを通れる非常に珍しい抗酸化物質です。
アスタキサンチンは疲れた網膜に直接抗酸化作用を発揮できるため、眼精疲労などの目の悩みを根本から解決してくれます。

 

アスタキサンチンが多く含まれている食品には、鮭やいくら、エビ・カニなどの甲殻類がありますが、毎日これらの食べ物から摂取するのは難しいので、サプリメントで摂取するのが効果的でしょう。

 

ゼアキサンチンの目への効果

ゼアキサンチンとは、緑黄色野菜や卵の黄身に含まれている成分で、ルテインと同様に、強力な抗酸化作用を持ったカロテノイドの一種です。
ゼアキサンチンは、眼球でもっとも光が集まる部分である「黄斑部」に多く存在しており、白内障や黄斑変性症などの予防に対する効果が期待されています。

 

私たちの目は光がないと物を見ることができませんが、その反面、光を目に取り入れることで活性酸素を作り出してしまいます。
私たちの体には必ず活性酸素が存在しますが、増えすぎることで体に悪い物質として働いてしまうのです。
目に入ってくる光には、太陽光に含まれる紫外線はもちろん、テレビやパソコン、スマートフォンなどのデジタル機器に使用されているブルーライトなども含まれます。
近年、これらの光による人体への影響も問題視されてます。
ブルーライトの強い刺激が大量の活性酸素を発生させ、白内障やドライアイ、眼精疲労などの目に関するトラブルが増え続けているのです。

 

ゼアキサンチンには強力な抗酸化作用があり、紫外線やブルーライトなどの有害な光を吸収する働きも持っています。
つまり、ゼアキサンチンを摂取することで、目の黄斑部を保護し、目に関するトラブルのリスクを回避することができるというわけです。

 

クロセチンの目への効果

クロセチンとは、クチナシの実やサフランなどに含まれる黄色の天然色素のことです。
クチナシの実はおせち料理の栗きんとんの着色料として使用されていますし、サフランはパエリアのご飯を色付けるときに使用されています。

 

最近、このクロセチンが目に良い成分としてサプリメントなどに用いられることが増えてきました。
そのクロセチンの効果のひとつは、眼精疲労に対するものです。
私たちの目はピントを合わせる際に毛様体筋という筋肉を緊張させて水晶体を厚くしていますが、この状態が長く続くと毛様体筋にコリが生じてきます。
このコリによって目の周りの血流が悪くなると、眼精疲労となって疲れを感じるのです。

 

クロセチンはこれらのコリをほぐしたり、強い抗酸化作用によって血液の流れをスムーズにする効果があります。
また、クロセチンには神経を保護する作用があるため、ブルーライトから網膜を保護したり、黄斑変性症などの眼精予防も期待されています。

 

さらにはブルーベリーなどに含まれているアントシアニンと一緒に摂取することによって眼精疲労や神経保護などへの効果をアップさせることができるということが分かっています。

 

目の老化を防ぐのにビタミンCも有効

私たちの生活の中でよく耳にする栄養成分のひとつであるビタミンCは、風邪予防や美容対策、老化予防など多くの効果があるとしてサプリメントとしてもポピュラーなものではないでしょうか。
意外と知られていないのが目の老化を防ぐという効果です。

 

人間の細胞は活性酸素によって酸化することによって老化現象を引き起こしてしまいます。
ビタミンCには抗酸化作用というはたらきがあり、細胞を活性させたり、からだの酸化を防ぐことが期待できます。
つまりビタミンCを摂取することによってからだのさまざまな部位の老化を防ぐことができるというわけです。

 

また、ビタミンCは血管をつくるコラーゲンの生成をサポートするはたらきもあり、毛細血管が多く存在する目の周辺に栄養を行きわたらせたり老廃物の代謝を促すためにも不可欠な栄養素だと考えられます。
しかし、からだの中ではつくることができないため、積極的に野菜や果物などから取り入れるように心掛けましょう。

 

目の劣化を防ぐDHCサプリメントの有効性

DHCのサプリメントといえば、コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入することもできる身近な存在ではないでしょうか。
また、多くの種類のサプリメントがあり、それぞれに特化した商品ラインアップだというイメージもあります。
最近気になるのが目に関する商品が多くあることですが、その有効性はどのようになっているのでしょうか?

 

例えば、目の劣化に関する効果が期待できるアントシアニンを多く含むブルーベリーが使用されているものとしては、ブルーベリーエキス、はっきりは網膜にあるロドプシンの再合成をサポートして活性化させるため老眼などによって目の疲れを感じる場合にお勧めです。
また、ルテインは黄斑に存在している成分をサプリメントとして摂ることで目の老化を予防します。

 

同じく老化予防としてクロセチン+カシスは老化予防に効果的な成分が13種類も配合されているとのことで、総合的に劣化を防いでくれるといえるでしょう。
その他にも、モイストアイベリーやDHCルテインなど目の劣化を防ぐ多くのサプリメントがあるので、症状に合わせて試してみてはいかがでしょうか?

 

目の劣化にアントシアニンが効く理由

アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリーに含まれる抗酸化作用があるポリフェノールの成分です。
私たちは年齢を重ねるごとに、体が老化していきますが、目においても同じことであり、年齢とともにさまざまな症状が現われます。
目の疲れやかすみ目・違和感・見えにくさなどうを感じ、全般的に視力が衰えてきます。

 

中でも目の老化現象で代表的なのが白内障です。
白内障は水晶体が濁る病気で、紫外線の影響を受けて酸化することによって引き起こされます。
アントシアニンは、水晶体を紫外線のダメージから守ってくれる働きがあります。
そのため白内障の予防に効果があるとされています。

 

また目の血流が改善され、目が疲れにくく、回復しやすくなりますので、目の劣化にはアントシアニンを摂ることが勧められているのです。

 

ブルーベリーの王様ビルベリーとは?

目に良い成分としてよく知られているものといえば、ブルーベリーではないでしょうか。
しかし、このブルーベリーよりもさらに効果がある食べ物というのが「ビルベリー」なんです。

 

ビルベリーはブルーベリーの原種であり、地域によってはホワートルベリー、ウィンベリー、ブレーベリー、ヨーロッパブルーベリーなどの別名を持つ「ブルーベリーの王様」と呼ばれています。
王様と呼ばれるのは、ブルーベリーのおよそ5倍ものアントシアニンを含んでいるからです。
ブルーベリーとビルベリーの果肉の色を比較してみても、ビルベリーは濃い青紫色をしています。
これは、アントシアニンを豊富に含んでいる証拠といえます。

 

日本では眼病予防のイメージが強いビルベリーですが、ヨーロッパでは血管を強くする効果があるとされ、医薬品として商品化されるほど健康効果が期待されています。
今後ますます人気が高まっていく果実かもしれませんね。

 

 

ポリフェノールの抗酸化作用が目を健康にしてくれる理由

私たちは呼吸をしてからだの中に取り込んだ酸素を燃やしてエネルギーに変えます。
そのときに発生するのが活性酸素です。
体の中に活性酸素が増えていくと、細胞の働きを悪くさせ、細胞の正常な働きを失わせてしまいます。
そしてさまざまな病気を引きおこし、老化を促進してしまうのです。
もちろん目への影響もあり、白内障や目の老化にもつながってしまうのです。

 

ポリフェノールは植物の葉や実などに含まれており、苦味、渋味、色素となっているものです。
このポリフェノールには、有害な活性酸素を除去する働きがあります。
特にポリフェノールの一種であるアントシアニンは、目の健康を維持し、目の力を回復させてくれる成分として注目されています。
血流を改善して目に栄養・酸素を運んでくれたり、高い抗酸化作用で活性酸素を除去する働きがあり、これによって眼精疲労や視力の改善を図ることができるのです。