老眼 視力低下 回復

老眼回復のための無料アプリ

iTunesから簡単にダウンロードできるアプリですが、視力回復のための無料アプリです。

 

視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ

 

スマホの画面を見ながら1日5分の簡単トレーニングを行います。

 

google play簡単にダウンロードできるアプリですが、視力回復のための無料アプリです。

 

視力回復スマホ老眼クリニック/1分でケアして視力低下予防検査

 

眼球周りの筋肉をスマホ画面を見ながら鍛えます。

老眼回復にアプリの使用はよくない

スマホアプリで済ませられることが多くなり、多用している方も多いと思います。

 

そこで、視力回復アプリをご存知でしょうか?

 

無料から有料まで多々ありますが、眼科専門医の中では、推奨しない医師が多くいます。

 

まず、一つ目の理由が、スマホからは強力なブルーライトが出ていること
ブルーライトにより視力低下が叫ばれている中、わざわざブルーライトを浴びて視力回復トレーニングを行うって意味があるのでしょうか?

 

二つ目が、トレーニングを言ってもスマホを凝視して訓練するこの方法はVDT作業そのものであるため、PC作業やテレビを見ているのとなんらかわりないため、外眼筋を酷使しているだけである

 

視力回復トレーニングはたくさん本が出ています。
本で行えば、ブルーライトを浴びることはありません。

 

 

目への光ダメージとは?

私たちは、暗闇の中で物を認識することができません。
つまり、私たちにとって、ものを認識するために光は欠かすことができないものであるということです。

 

太古の昔から太陽の光が基本となっていた私たちの生活は、技術の発展と共にさまざまな種類の光を手に入れることができるようになりました。
このことは、生活を豊かにしたり便利な道具を作り出すことに役立っています。

 

その反面、近年使用されることが多くなってきたブルーライトやLEDは目やからだに与えるダメージが大きいものとして注目されています。
例えば、パソコンや液晶テレビ、スマホなどの電子機器のモニターの光はLEDやブルーライトが使用されています。
ブルーライトは波長が短く光が散乱しやすいため、モニターのブレやちらつきがあらわれてしまい、目のピント調整を行うには負担が大きく、疲れを感じやすくなります。

 

LEDモニターの場合はまばたきの回数が減少して角膜の乾燥を招くことが広く知られています。
また、これらの光はエネルギー量が大きく、刺激性が高い傾向にあります。
そのため、網膜や黄斑部にダメージを与えて、目の疾患を招くこととなるのです。

ブルーライトの目へのダメージとは?

数年前からパソコン用メガネが発売され、今もなお人気アイテムとなっています。
このパソコン用メガネはパソコンから発されるブルーライトの影響を軽減するために使用されるメガネです。
では、ブルーライトが私たちの目に与えるダメージには、どのようなものがあるのでしょうか?

 

ブルーライトはOA機器の光というイメージがありますが、太陽の光や蛍光灯の光にも含まれています。
目に見える光である可視光線の一種であるブルーライトは、光の中でも非常に強いエネルギーを持っていて、紫外線に近い性質の光だといわれています。
このような強い光を見続けていれば、目に対して強い刺激を与えることは必須です。

 

具体的には、視力を維持したり色の判別を行っている黄斑という部分に影響を与えるため、視力が低下したり視野の中心が見えなくなることもあり、やがて失明することも考えられます。
また、夜遅くまでブルーライトを見続けることでメラトニンという眠気を促すホルモンのバランスが悪くなって睡眠障害を引き起こすとも言われています。

 

これらのことによって自律神経失調症やうつなども引き起こされることから、ブルーライトから目を守ることが推奨されるようになっているのです。

 

 

視力低下予防

私のスマホ老眼対策は、画面の明るさを少し暗めに設定して目への刺激を少しでも抑えます。
画面保護シールもブルーライトカットの物を使用して、眼鏡もブルーライトカットレンズを使っています。
それと、目に直接画面の光が当たらないようにスマホを少し傾けて使うようにしています。
以前より、目の疲れも楽になりました。
スマホ老眼の症状も少し良くなったように思います。
できるだけ明るい所でのスマホの使用と10分使用したら休憩を入れて目を休めます。
目を温めるのもスマホ老眼の症状を少し楽にしてくれます。
誰にでも簡単に出来るスマホ老眼対策です。