老眼 視力低下 回復

ルテインの働き

ルテインは人間のからだの中では目の中の網膜の中の黄斑部や水晶体に多く存在しており、強い光の刺激から目を守る役割を担っています。

 

ルテインはオレンジ色の色素の素となるカロテノイドという成分で、ルテインには強い抗酸化作用があり、スマホの光であるブルーライトや太陽の光に含まれている紫外線などの強い刺激から目を守って良好な視界を保つ役割をしています

 

しかし、このルテイン、年齢と共に減少し、70代になると20代の約3分の1まで減少してしまうのでサプリメントなどで補わないとルテインが目を守ることはできなくなってしまいます。

 

このルテインの減少で起こる眼病で有名なのが白内障や黄斑変性などがあります。

老人になると白内障になる方が増えているのはルテインが減少していることが原因と言っても過言ではありません。

 

逆に、老眼の症状が出てくる40代の頃からルテインを摂取していると白内障のリスクが下がってくるため、ルテインを飲む人が増えているのです。

 

ルテイン不足による目へのダメージ

 

ルテインには外部の刺激から目を守ってくれる働きがあるので、まるで目にサングラスをかけているかのような働きを行うことから、近年、目を守る成分として大変注目されています。

 

このルテインはもともとは人間の体内にあるものなのですが、光のダメージをうけたり老化減少でどんどん減ってしまいます。
新たに作り出すことはできないためルテインそのものを摂取する必要があります。

 

特に最近はスマホを長時間使っている人も増えているので若い人でもルテイン不足の人が多いようです。
ルテインが減少してしまうと目を強い刺激から守る役目のものがなくなってしまうので目にダメージが起きてしまいます。
症状は、目がしょぼしょぼするなど眼精疲労から始まりますが、、先に述べたように、加齢が原因で自然減少するルテインが、若いうちに瞳から減少すると本来なら年老いてから発症しやすくなる眼病(飛蚊症・白内障・緑内障)を30代40代で発症するリスクが高くなるので、注意が必要です。

ルテインサプリが人気があるのは何故?

目に効果的な成分と言えばブルーベリーに含まれるアントシアニンでしたが、最近はルテインという成分も視力の維持や目の健康にかかせないと言われています。

その理由として、ITが発達した現代はスマホ・PC・ゲームと紫外線なみに有害な光であるブルーライトを毎日のように浴びているので視力低下が国民病のようになってきています。

 

そこで、ブルーライトから目を守る働きがあるルテインが注目されたのです。
ルテインは体では作ることはできないため、食べ物で摂取するしかありません。
緑黄色野菜に多く含まれるルテインですが、特にルテインを多くむ野菜がほうれん草です。
ルテインは1日に20mgの摂取が必要と言われているので一般に販売されているほうれん草が200gを食せばルテインを摂取することができます。

 

ほうれん草200gは200円〜250円です。
ルテインをブルーベリーサプリで摂取すると1日100円

 

しかもルテインだけのサプリもありますが、ルテインを含むブルーベリーサプリを選ぶと100円でアントシアニンまで摂取できるため、緑黄色野菜ではなく、サプリを選ぶ方が増えています。

ルテインには肌のアンチエイジング効果も期待できる

ルテインといえば、目に良い効果を与える成分として多くのサプリメントに配合されるようになり、メディアなどを通してその名前をよく耳にすることが多くなったのではないでしょうか?

 

そもそもルテインがどうして目に良い効果を与えるのかというと、目に有害なブルーライトや紫外線でダメージを受けた網膜の黄斑部や水晶体が老化してしまうことを防ぐ抗酸化作用を発揮するのです。

 

つまり、ルテインにはアンチエイジング作用があるということです。
興味深いのはルテインがその効果を示すのは黄斑部や水晶体だけではなく、人間の肌に対してもその効果を発揮するということです。
ルテインを摂取することで、老化を促進させる紫外線から肌を守ることも可能になるのです。

 

その結果、シワやシミ、そばかす、くすみなども緩和され、若々しさを保つことができるのです。
さらには子宮の不調など婦人科系にも効果があるといわれています。
女性に取っては嬉しい効果を得ることができる成分だと言えるでしょう。

 

ルテインを多く含む食品

目によいと言われる「ルテイン」もともとは身体の中にある成分ではありますが、自ら作り出すことができず、年齢を重ねるにつれて減ってくるので外部から補う必要があります。

 

ルテインは食べ物にもけっこう含まれています。
そもそもルテインというのはカロテノイドと言われる色素の成分なのです。
ですので色が濃い緑黄色野菜にたくさん含まれています。

 

とくに色が濃いものに多くふくまれており、かぼちゃやブロッコリー、ホウレンソウ、ケール、いんげんにたくさん含まれています。

 

また緑黄色野菜ではないのですが、卵黄にも含まれています。

 

そうそう、目によいといえばブルーベリー
ではブルーベリーにはルテインが入っているかというとそれはNOです。

 

ブルーベリーにはアントシアニンという別の目に良い成分が含まれています。
では先ほどのかぼちゃやブロッコリーなどに多く含まれているルテインですが、ただ食べるよりも油で加熱料理をしてから食べるとルテインの成分が体内に吸収されやすくなると言われています。

 

ルテインとアントシアニンの効果の違い

視界くっきり効果が高い成分として広く知られているものにルテインとアントシアニンがあります。
どちらの成分も食事やサプリで摂取することで目に良いといわれていますが、それぞれの効果は異なります。

 

まず、ルテインは緑黄色野菜などに多くふくまれるカロテノイドの一種です。
植物は光合成によって栄養分をつくりだしていますが、紫外線を受けることによって作りだされる活性酸素を抗酸化作用をもつルテインによって抑制しています。
これと同じように目の中に侵入する活性酸素から抗酸化作用によって守ってくれるのがルテインです。

 

アントシアニンはポリフェノールの一種で毛膜に含まれているロドプシンの再合成を助ける働きがある成分です。

 

私たちは目を通して光を受け、信号化して脳に送っています。
この役割をしているのがロドプシンです。

 

ロドプシンは目を使うことによって分解され、再合成するという仕組みになっていますが、目を駆使すると再合成が間に合わず、眼精疲労や目の機能低下が起こります。そこでアントシアニンで再合成を促進するというわけです。