老眼 視力低下 回復

視力が落ちたのではなくスマホ老眼になっているのでは?

最近、スマホの画面が見えにくくなった・・
視力が落ちたのかな?と思っているのなら、それ、視力が落ちたのではなく、老眼になっている可能性があります。

 

近くを見るとピントが合わず、ぼやけて見える目の老化現象ですある老眼は、普通40代から始まると言われているので、20代30代のあなたにとって老眼なんてまだ先の話と思っているでしょうから、まさか老眼なんて!!と思われる方も多いのではないでしょうか?
しかし、スマホ老眼に関しては老眼に似た症状が10代でも発症します

 

スマホを扱うことで、目を酷使する生活を続けることで、10代でさえ目の周りのピントを合わせる筋力が限界を超えてしましい、結果としてピント機能が劣化するスマホ老眼を発症してしまうのです。
それが、20代・30代・40代・・・と年齢が上がるほど、加齢により目のピント機能の劣化に加えスマホによる目への負荷が加速度的に目を老眼にしていきます。

 

スマホ老眼を予防・改善するには、スマホを使用する時間を減らして、目を休めることが大切ですが、コミュニケーションの手段にもなっているスマホの時間を削ることができない人も多いのではないでしょうか?

 

そういう方に是非ためして欲しいのが、目の老化を改善するサプリです。

 

 

こんな症状があればスマホ老眼

 

まずは自分の生活を振り返ってみてください。
テレビやスマホを1日5時間以上見ていませんか?
目が乾きやすくなっていませんか?
感情に関係なく、風の抵抗などによって涙が出やすくなっていませんか?
夕方頃から目が霞んだり視界がクリアでないと感じたことはありませんか?
頭痛や肩、首のこりを感じていませんか?

これらの症状がある場合にはスマホ老眼の可能性があります。
当てはまる症状が多い場合は、スマホ使用時間を減らすなど心がけ、症状改善に努めるようにしましょう。

スマホ老眼改善にはさくらの森 【めなり】

ルテイン高濃度配合サプリメント【めなり】

 

 

ルテイン配合量が業界トップクラスの12mg配合

ビルベリー配合!特許製法により通常の約2倍の吸収率!

 

≫ルテインの配合量No.1【めなり】≪

 

 

内容量 

ルテイン

配合量 

ビルベリー

配合量 

60粒

(1ヶ月分)

1粒あたり12mg

1日あたり24mg

1粒あたり170mg

1日あたり340mg

価格 

1日あたりの価格 

特徴 

初回価格=907円

定期購入=2,980円

1日=2粒 約99円

米特許取得ビルベリーは

通常の2倍の吸収率

スマホ老眼改善にはやわたの 【めばえ】

1粒あたりのルテイン配合量No.1

 

 

 

安全性の確保と機能性が認められた機能性表示食品

○一粒にルテイン20mg配合!

○視力を維持するために必要不可欠な成分を贅沢に配合!

 

≫目の調子を整えるなら【めばえ】≪

 

内容量 

ルテイン

配合量 

ビルベリー

配合量 

30粒

(1ヶ月分)

1粒あたり20mg

配合なし

価格 

1日あたりの価格 

特徴 

通常購入1,728円

定期購入1,642円〜

1日=1粒 約55円

ルテインにこだわり

マリーゴールドから抽出

 

スマホ老眼改善にはやわた 【北の国から届いたブルーベリー】

機能性表示食品認定サプリ【北の国から届いたブルーベリー】

 

北の国から届いたブルーベリー

 

安全性の確保と機能性が認められた機能性表示食品

北欧産野生種のビルベリーを厳選して使用!

アントシアニン含有量が通常のブルーベリーの約3倍!

 

≫信頼・安全性で選ぶなら【やわた】≪

 

内容量 

ルテイン

配合量 

ビルベリー

配合量 

30粒

(1ヶ月分)

1粒あたり0.53mg

1粒あたり200mg

価格 

1日あたりの価格 

特徴 

初回価格=2,160円

定期購入=2,052円〜

一日=1粒 約72円

1袋にブルーベリーエキス

約1800個分

若者でもスマホ老眼になる理由

若くても老眼になるの?と驚く人もいるかもしれませんが、最近増えているのがスマホが原因による若年層の老眼です。

スマホ老眼を発症する理由は、近い距離で小さな文字や画面を見続けていることにあります。

 

私たちは、近くのものを見るときに、レンズの役割をしている水晶体を使ってピンと調整を行っています。
この状態は目や周囲の筋肉に負担をかけやすく、長時間続けると、近くが見えづらくなったり目がかすむという老眼の症状が出てきます。

 

通常は、加齢により、目のピントを調節する筋肉の老化によって起こるので老眼と言われていますが、強い光を発するスマホを画面を長時間見ることで、10代でも老眼と同じ症状が出るため、これをスマホ老眼と呼んでいます。

 

スマホ老眼の症状を改善するにはスマホを見る時間を減らすことが一番効果的ですが、そうもいかないという方も多いのではないのでしょうか?
だからこそ、スマホ老眼の症状を改善するブルーベリーが注目されています。

 

スマホ老眼をサプリで対策するメリット

スマホ老眼はスマホが原因でおこる老眼の症状ですが、スマホ老眼を放置しておくとどのようになるのでしょうか?

 

ピントを合わせる目の周りの筋肉を酷使する結果になり眼精疲労の症状に悩まされるようになります。

 

●目の奥の強い痛み
●肩こりや頭痛
●頭痛からさらに悪化すると吐き気をもたらします。

 

目は日々の生活の中で使わない訳にはいきませんので、目を使う度に、眼精疲労に襲われるようなことが続けば、生活や仕事に支障をきたしかねません。

 

手軽にできる目の体操とあわせて、ブルーライトから目を守るルテインをサプリで補充することで、加齢による老眼と違い、若くしてスマホ老眼になった場合は、十分に改善することができます。

 

 

スマホ老眼対策眼鏡とは?

新しい現代病として知られるようになってきたスマホ老眼は、スマホを使用している若い年代に多い症状です。
老化によって症状が現われる通常の老眼と比較すると、目を酷使していることによって視覚のピント調節がうまくいかないようになることが原因となるため、スマホを見ない時間をつくったり、目を休めることで改善すると考えられています。

 

でも、アプリやWebを使用することが日常となり、スマホを欠かすことができないという人も多いでしょう。
そこで利用したいのがスマホ老眼を改善することができる老眼鏡です。
老眼鏡は矯正度合いを「+」で表記していますが、+2の老眼鏡をかけて、強制的にピントが合わない状態を作りだすことによって駆使していた毛様体筋という筋肉をほぐすというわけです。

 

この老眼鏡をかけると、もちろん視野がぼやけますが、1日1回5分間ほど使用しているうちにピント調整がアップしてスマホ老眼だけでなく、近視までも改善がみられるとのことです。
メガネやコンタクトを使用している人はその上から老眼鏡をかけるといいそうですよ。
老眼鏡は100円ショップでも購入できるため、気軽に始めることができそうですね。

 

また、目を疲労させるブルーライト対策のメガネも最近人気ですよね。
ブルーライトカットは、メガネのレンズだけでなく、スマホ用フィルムでも人気です。
細菌の機種だと、ブルーライトの調節もできる機能もありますね。

 

いろいろ工夫してみてください。

 

 

スマホ肩を予防してスマホ老眼対策

スマホの普及によって増えてきているスマホ肩は、その姿勢の特徴から巻き肩とも呼ばれています。

この症状を改善するためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

 

スマホ肩になる原因は、スマホにあるということを考えれれば、当然のことながら、スマホを使う時間を短くすることが効果的だと考えれます。
どうしてもスマホを使う必要があるのであれば、利用の間にストレッチを入れることで、いくらか改善することができると考えられます。
ストレッチを行う場合には肩や首を伸ばすような動きも大切ですが、背筋を伸ばして大きく胸を拡げることを心掛けましょう。

 

また、スマホを見たり操作する場合には、うつむいた状態で行うことはNGです。
できるだけ目の高さに引き上げて利用することで肩や首にかかる負担は軽減すると考えられます。
もちろん、これらの行動はパソコンを使用する場合にも同じことが言えるので、症状に思い当たる方は早速実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

東洋医学によるスマホ老眼対策

スマホ老眼は目に近いところが見えづらくなるという主症状のほかに、目が疲れやすくなったり薄暗いところで物がみえづらくなるといった症状が現われる目の老化現象です。

 

老眼自体が40歳頃から症状がはじまり、年齢を重ねるごとにほとんどの人に症状が現われます。
それなのに若い内からスマホによる老眼と同じ症状が出ることは著しい視力の低下が伴うためさけたいものです。

 

ところで、一般的には老眼用の眼鏡を使用して矯正する対処療法が用いられますが、東洋医学での対策はないのでしょうか?

 

東洋医学では目の病は内臓が発端となるものだと考えられています。
スマホ老眼対策としては、腎臓と肝臓の衰えを八味地黄丸などの漢方によって治癒し、全身の血流を改善することが勧められるようです。

 

また、肘から指先にかけて、膝からつま先にかけてのツボを刺激することによって目の疲れや不快感を改善したり、症状の進行を抑えることができるとされています。

 

特に小指のつけ根の横ジワ中央部分に位置する老原点や手の甲の小指側で手首の上にある突起した骨の下側のくぼみにある養老というツボは見えづらさや疲れ目に効果を示すつぼだといわれています。

スプーンでスマホ老眼が改善?

メールに、インターネット、SNS、ゲームに動画…今や、スマートフォンは便利な道具という域を越えて、私たちの生活には欠かすことのできないマストアイテムとなっています。

 

そんな便利なアイテムによって引き起こされるスマホ老眼は、予防や改善ができるのであれば、何とかしたいものですよね?そこで、お勧めなのが、スプーンを使った改善方法です。

 

準備するのは、ステンレス製のカレースプーンです。

 

まずは、このカレースプーンを熱湯を注いだカップなどに浸して温めます。
触れると少し熱いと感じるくらいまで温まったら、お湯から取り出してスプーンの腹の丸い部分を使って眉毛からこめかみ、こめかみから目頭へと軽く叩いていきましょう。

 

これを5回ほど繰り返し、次は目の下、1p下にあるくぼみを目尻から目頭にかけて軽く叩きます。これだけで、眼球の回りをマッサージすることができるので、視界がすっきり老眼が改善しますよ。
目の周りの血行を良くするのは老眼の改善や予防にはかかせません、簡単な方法なので、快適な生活のために取り入れてはいかがでしょうか?

 

スマホ老眼によいブルーベリーサプリには副作用はあるの?

スマホ老眼対策など、目によいと言われているブルーベリーのサプリメント。
食物からとれているので副作用というのは基本的にはないのですが、副作用というか一応気を付けていたほうがよい事例を2点紹介します。

1点目は妊娠中の女性です。ブルーベリーのサプリには妊娠中の過剰摂取について気を付けなければならないビタミンAが含まれています。
ビタミンA自体は目の粘膜を健康にしてくれたり免疫を高めたりといい効果があるのですが、妊婦さんの場合はビタミンAを過剰に摂取していた場合胎児がぜんそくにかかるリスクが上がってしまったり母体に影響がすくなからず影響が出ると言われています。
ですので飲むなら控えめにするのが望ましいです。

 

また、血栓ができている人などが服用するワルファリンなどの抗凝固薬を服用している方はやはりブルーベリーを過剰摂取すると出血する可能性があるようです。
ただし、どのサプリメントにもいえることですが、サプリメントを大量摂取したとしてもその分急激に効果が出るというわけではないんです。
ですので適量を毎日欠かさず飲むことが大切でそのように適量を守っていれば問題ないかと思います。

 

目の機能とスマホ老眼の関係

私たちは、近くや遠くを見る時、カメラで言えばレンズの役割になる水晶体を使っています。
水晶体とその周りを囲む筋肉を使ってピントの調整を行うことで近くの物も遠くの物も見えるようになっています。

 

ただ、ピントの調節は遠くの物を見るより近くの物を見る方が筋肉の負荷がかかります。
だから、現代人は遠くの物を見ることより近くの物を見る方が多いので水晶体の周りの筋肉が疲労する眼精疲労を起こす人が多くいます。
その眼精疲労の原因の1つに近い距離で小さな文字や画面を見続けているスマホの影響もあります。

 

そんな眼精疲労は目の奥が痛んだり、近くが見えづらくなったり目がかすむという老眼に似た症状をもらたらします。
老眼は加齢により目の周りの筋肉が緩みピントを合わせる能力が低下したことで起こるのに対し
スマホ老眼は、目の周りの過度の使用が原因で若い筋肉でさえ限界に達した時に老眼と同じような症状を発症するのです。

 

人間は丈夫にできた生き物です。
ある程度の負荷には耐えられる生き物です。

 

しかし、24時間のうち目を酷使している時間が非常に長い現代人、特にスマホに依存気味の方はその酷使度はPCに依存している人よりも、長時間TVを見ているよりも目と画面が近い分スマホがより酷使していると言えます。

 

つまり、スマホ老眼は人間の目が耐えうる限界を超えたことで起こる目の劣化と言えます。
だから、目薬やサプリで老眼を改善したり予防したりする必要があるんです。

 

 

 

スマホ老眼と老眼の違い

年齢を重ねてくると、だんだん近くのものがぼやけて見えるようになるという老眼。

近くのものを見ようとしたとき、私たちの目は水晶体の厚みを増加させてピントを合わせようとします。

 

しかし、老化によって硬くなって厚みを増加させるといった機能も低下してしまうことにより、ピントを合わせづらくなってしまうのです。
これを老眼と呼んでいるのです。

 

最近、これらの症状が若年層でも起こっているといいます。
それが通称スマホ老眼とよばれる症状なのです。

 

スマホ老眼は20〜30代、早ければ10代でも起こりうるもので、老眼のように近くのものがぼやけて見えます。
これは、目を酷使していることによって水晶体のピント調整がスムーズに行えなくなってしまうことにあります。
名前の通り、スマホを使用することが多い人が訴えることが多い症状なのですが、原因はスマホに限ったことではないといいます。

 

医学的には調整緊張と呼ばれ、一過性のものが多いのがスマホ老眼と老眼と異なるところです。
とはいえ、長時間スマホの画面を見ることは避け、目を休めたりストレッチをして、緊張をほぐすことを心掛けることが大切です。

 

スマホ老眼が増えている現実

画面と言えば、TVの時代、TVで目を悪くする子供が多くいました。
それから時がたち、PCが普及し、ビジネスで活用される機会が増え、PCにより目を悪くする人が多くなりました。

 

最近では、急速なスマホの普及により、若くても始まるスマホ老眼は急速なスマホの普及により発症し始めた現代病としてニュースでも度々取り上げられるようになってきました。

 

スマホの普及を裏付けるように、あなたも含め、あなたの周りを見てください、待ち合わせも電車の待ち時間も電車に乗っている時もスマホを見ている人ばかりでしょう。
器用なことに友人としゃべりながらもスマホから目を離さずLINE・ゲーム・ネットサーフィンを楽しんでいる人が大勢います。

 

大切なコミュニケーションツール、ビジネスツールとして、手軽にできるゲームとしてすっかり私たちの生活の一部となったスマホですが、その分、老若男女問わず目を酷使する人が増えています。

 

さらにスマホの厄介な部分が、PCやTVより画面が近いことにあります。
だから、TVやPCの時は視力の低下と言われていましたが、スマホに限っては画面が近い分スマホ老眼という新たな老眼の症状が問題になっています。

 

ここまでくると、スマホ老眼はもはや現代病の1つと言えるのではないでしょうか?

 

スマホ老眼改善口コミ情報

あなたが行ったあなたのスマホ老眼改善の方法を教えて下さい。そして結果どうなりましたか?

スマホを見ていると、まばたきが少なくなり、目の乾燥を招くので、まばたきをしながら目を酷使しすぎないような気を付けています。

 

そして見る距離も近くなっているので、10分ごとなど大体の時間を意識して、遠くを見るようにして目を休ませます。

 

あとは睡眠を多くとり、お肌のケアやお風呂に入る時には目の周りをやさしくマッサージをします。
あたためながら、そして目元にクリームをつけて優しく人差し指、中指、薬指の3本の腹を使い、眼球周りの骨の内側をゆっくりと抑えます。

 

目の疲れを溜めず、毎日少しずつケアをすることで、視界がぼやけてしまうことが少なくなり改善しました。

あなたが行ったあなたのスマホ老眼改善の方法を教えて下さい。そして結果どうなりましたか?

自宅にいる時はコンタクトを外し、接近して見れば体裁は悪いですが画面は見れますが、職場や外出先では無理なので、まず、目が疲れないようにパソコン疲れ用の目薬を差し、遠くを見たり、極力、目に負担を掛けないようにしています。
それで、ある程度はカバーでき改善できています。
それでも、ダメな時は老眼用の拡大プラスチックシートを使ってしのぎます。
本屋で買いましたがサイズが名刺サイズからはがきサイズ色々なので周囲にも気づかれにくいので楽です。
それでも、ダメな時は携帯しているメガネに変えます。
人間とは不思議なもので、なんとかなると解ると見えるものです。
ブルーベリーサプリも欠かしません。ブルベリーなどは昔から続くだけあって視力改善効果はかなりいいです。

あなたが行ったあなたのスマホ老眼改善の方法を教えて下さい。そして結果どうなりましたか?

スマホをしている時は全く平気なのですがスマホを辞めて普通の景色などを見るととにかく全てがぼやけて見えました。
年も年だしこれがスマホ老眼なのかなと諦めてしまいました。

 

とにかく目をつむったり遠くを見たりするように心掛けました。
それくらいでもだいぶ良くなった気がしますが一番効果があったのはブルベリーなどが入ったサプリメントを飲んだ事でしょうか。
これを飲んだからといって効果がわかるのか?と思われるかもしれませんが、私の場合あまりサプリメントを必要に思ったことがなく特に今まで飲んでもいなかったので他の人より効果が現れたのかもしれません。

あなたが行ったあなたのスマホ老眼対策を教えて下さい。そして結果どうなりましたか?

スマホの光源の強さ、ブルーライトでどんどん近くの文字が見えなくなっている気がしていました。
その証拠に部屋の灯りを最大限に明るくしたり、日の光のあたるところだとだいぶ読めたりするのです。

 

対策としては、まずスマホ、タブレットの光源をできるだけ暗くし、またブルーライトをカット出来る眼鏡を
使用するようにしました。
そして、寝る時以外にも6時間ほどスマホから離れる時間を作り、
目に影響もある肩こりを解し血流をよくするため、肩から足まで全身のストレッチをするようにしました。
それに加えて細胞活性化のため、なるべく晴れた日は外に出て太陽の光を浴びるようにしました。

 

とくに目をしっかり休められた時とストレッチをしたあとは
目がずいぶんはっきり見える実感があります。血流が大きく関係するのでしょう。

あなたが行ったあなたのスマホ老眼対策を教えて下さい。そして結果どうなりましたか?

毎日少なくとも8時間以上はPCやダブレットなども含めて画面を見ています。老眼を感じるようになって、最初はブルーベリーのサプリメントを服用してみましたが、毎日欠かさず飲んでもどんどん老眼がすすんでいる感じがしました。
それで2年くらい同じサプリメントを続けた後、今から1年ほど前に、今度はビルベリーとルティンがメインのサプリメントに替えてみました。それも毎日続けていますが、やはり少しずつでもピントが合いにくくなっているのを感じています。最近は老眼に特化した効果を謳うサプリメントが売り出されてきているので、最近そのようなサプリメントを買ってみました。
現在飲んでいるものを飲み終えたら、新しいサプリメントにまた替えて効果を見てみようと思っています。

あなたが行ったあなたのスマホ老眼対策を教えて下さい。そして結果どうなりましたか?

私は自分のスマートフォンを見ていて、最近、文字が見にくくなったと思いました。文字がかすれて見る感じなので、老眼が進んでいるのだなと感じました。これでは行けないと思い、老眼対策を考えてきました。
私はなるべく、遠目で見ておくと、目を休むことができるので、目の疲れが取れるのでいいと思いました。毎日、2時間に一回ぐらい、遠目を見ることをしました。そうすると、目の疲れがしっかりと取れていたので良かったです。
そして、前に見えづらかった字が見やすくなってきたので、視力が戻ったのかなと感じました。なので、なるべく、遠目でみることをおすすめします。

 

めなり 購入してみました!

一番気になっていた【めなり】を実際に注文してみました!
そんなに待たずに届きました。

 

すごくかわいいBOXで届きます。すごくメルヘンなパッケージです。

 

開けたらこんな感じで入ってます。

 

 

ふたの裏側にもメッセージが・・・。

 

家族で利用出来る感じの企業です。個人的にはイメージが良いです。

 

スマホ老眼改善関連

子供たちのスマホ老眼が心配です。
時々幼稚園の子供がスマホを食い入るように見ている光景を見るとスマホ老眼や目大丈夫かな?と他人の子なのに心配になります。
最近、小学生の眼鏡率が昔に比べて増えているような気もします。
昔はテレビの見過ぎで視力が下がっている子が多かったのに今はスマホやゲームがスマホ老眼の原因だと思うとスマホの普及もいかがなものか?と思います。
昔に比べて、医学が進み、目のケアや視力低下の予防、近視・遠視・乱視の予防改善が進んでいるはずなのになー
そうそう、目に効果があるブルーベリーサプリを飲むこともあるのに視力低下やスマホ老眼が止まらないなんて、だから子供なのに眼精疲労や老眼を心配しないといけないなんて将来が怖いですよね。

ブルーベリー好きの私が最近は待っているのはブルーベリースコーン
乾燥ブルーベリーがたっぷり入っていて、ブルーベリーの甘味で食べるって感じでスコーン自体は甘すぎないのが気に入ってます。
しかも、巷の噂ではブルーベリーは目に良いとか・・
スマホ老眼の改善にブルーベリーはいいらしいんです。
スマホ老眼の改善のためにブルーベリーを積極的にとるように子供のおやつをブルーベリーにする親も増えているとか?
ということはスマホ老眼の改善のために今年の夏はブルーベリー狩りに行く人も多そうですね。

 

私もスマホ老眼が気になって、スマホ老眼の改善のためにもスマホを見るのを控えている私もブルーベリー食べようかな?なんて気になっています。特に雨の日はスマホ老眼なのか眼精疲労があるの雨が続くと頭痛もあるし。。
そんなにブルーベリーが改善にいいなんてもっと早く知りたかったよー
でも、ブルーベリーでおかずの感覚がないですよね・・お菓子のイメージが強くて
だから、スマホ老眼改善になるブルーベリーのおかずがないかなーなんてクックパッドで調べたら、んーあるけどまずそう・・
しかし!!まずそうでもスマホ老眼改善のためにはいっちょ作ってみようか!!と通販で早速ブルーベリーを注文してみました。
ブルーベリーの通販のサイトに書いてあったんですが、やっぱりスマホ老眼の改善にブルーベリーはいいらし・・
しかもブルーベリーの青い色素に含まれているアントシアニンという成分がスマホ老眼の目の改善にいいらしいとか!!
PCやスマホで手軽にネットできる時代になり、目を大切にするように関心が広まったのは喜ばしいことです。
ビタミンやブルーベリーの成分が、スマホ老眼だけの改善効果になるわけでもなく、スマホ老眼を改善する成分としてへブルーベリーは最高です

スマホ老眼の防改善止には、ブルーライト防止の保護シールを画面に貼ること。
そして、なるべく画面を見上げるのではなく、見下ろすこと。
見上げると瞳孔が開いてしまうそうで眼に負担がかかるそうです。
瞳孔が開いた所に刺激の強いブルーライトが入ってくれば目や網膜を劣化させるのは理解できます。

 

また基本スマホの文字は小さいため、設定で文字を大きくする。
文字が小さいと画面を凝視するため、老眼になってしまいそうでしたが少し改善されました。
ちなみにLINEの文字も大きくすることが出来ます。
あと、暗い部屋でスマホを見ることも眼に負担がかかるので、スマホ老眼改善しようと気を付けています。
このようなことを注意していくと、翌日の眼の疲れが違い老眼対策や改善に繋がっていると思います。

 

 

改善・改善と仕事の改善をしょっちゅう求められるとスマホ老眼ストレスがたまります。
ちなみにストレスは老眼の原因になるので40過ぎたら色々な意味でストレスをためようにしなければなりません。

 

しかし、効率よく仕事をするために、大事な部分を省くことを改善といいのは違うのではないでしょうか?
確かに社員を効率よく働かせるという効率UPの意味では改善されているのかもしれませんが・・
眼精疲労もあり目の奥が痛くなり改善のためにブルーベリーサプリがかかせません。

 

私のスマホ老眼対策は、特に変わったことではありません。
仕事柄、一日中パソコンとスマホを見ている毎日ですので、以前は目の疲労や肩の痛み、偏頭痛等かなり悩まされていました。
痛い目を見たので、現在では目の健康には真面目に取り組んでいます。

 

まずは、ブルーライトカットの眼鏡を着用しています。
これが有ると無いでは、目の疲れ方がぜんぜん違います。
メガネ店にはおいているようになりました。かなりおすすめです。

 

それからスマホ画面にはブルーライトカットの保護フィルムも貼りつけています。
これは画面保護と目の保護、両方できて便利です。
スマホ自体にも機種によってはブルーライト対策モードがある機種もあると聞いています。

 

そしてありきたりですが、画面の明るさを明るめにする。
暗い場所では画面を見ない。夜は下を向かず、仰向けに寝転んでスマホを見ます。

 

スマホの利用によって老眼が進むことは避けられませんが、以上のようなことを心掛け、ずいぶん楽になったと感じています。
目を酷使する仕事だからこそ、ケアもかなり重要になってきます。
サプリも出ていますので、日頃から対策を続けていきたいと思っています。