老眼 視力低下 回復

目の老化現象の1つ飛蚊症

目の前に虫がいないにもかかわらず、虫が飛んでいるように見えたり、糸くずがあるように見えたりすることを飛蚊症といいます。

 

飛蚊症は眼球を構成する【硝子体】の異常によっておこります。
何らかの原因により硝子体が劣化し収縮すると、その隙間に濁りが付着します。
その濁りの影が網膜に写り目の前に浮遊物があるかのように見える症状が飛蚊症です。

 

ただ、この症状にも軽度から重度があり、症状がひどくならない限りは治療の必要はありません。

 

しかし、突然、浮遊物が多くみられるようになり、さらに視力も落ちている感じがあれば網膜剥離を起こしている可能性があります。
網膜剥離を起こしている場合の初期症状として出るのが飛蚊症だからです。

 

網膜剥離を放置しておくり、著しい視力低下、最悪失明もありますのですぐに受診しましょう。

 

 

 

網膜剥離の眼底検査

 

眼底検査を行うだけで網膜剥離の有無がわかります。
眼底検査の良いところは、網膜剥離だけでなく、通常の検査では見つけるのが困難と言われる緑内障の診断や目の老化現象の一つである加齢黄斑変性症も調べられるところです。

 

しかも、検査の患者への負担も軽く、まず瞳孔を開くため点眼し、機械を使って目の奥の眼底のぞくだけという簡単な検査になります。

 

網膜剥離が見つかったら?

眼底検査により網膜剥離が見つかった場合は網膜が剥がれるのを止めるためレーザーで網膜の周りを焼き固める治療を行います。
この治療に入院は必要なく日帰りで行える手術です。

 

ただし、進行状態により、剥がれた、網膜を正しい位置に戻す【網膜復位術】剥離によって出血が硝子体を濁らせている場合の【硝子体】の手術も必要となります。
こちらの手術には入院が必要となり、定期的な目の検診も必要となってきます。

 

ルテインの飛蚊症への効果

飛蚊症というのは視界に黒い点のようなものや白い糸のようなものが映って見えるような症状のことをいいます。
目の前に蚊が飛んでいるように見えることから飛蚊症といわれています。

 

高齢の方がなりやすい病気なのですが、最近では若い人でも罹患する人が増えているようです。
飛蚊症には特効薬となるお薬がないため、ブルーベリーサプリを飲んで対処している人が多くいました。

 

しかし、最近では、飛蚊症にはブルーベリーに含まれるアントシアニンより「ルテイン」の方が飛蚊症になるのを予防する働きがあるといわれています。
なら、ブルーベリーサプリをやめてルテインサプリにしなければ!と思われたでしょう?

 

しかし、今まで販売されているブルーベリーサプリにルテインは配合されているのです。
ただ、アントシアニンの効果をクローズアップして宣伝していただけです。
ですから、ブルーベリーサプリを選ぶのは間違っていません。
ただ、サプリによって、ルテインの配合が異なっていますので、サプリを選ぶ時はルテインの配合量を気にしたいですね。