老眼 視力低下 回復

近視の人は老眼になりにくい?

近視の人が老眼になりにくいというわけではありません。

 

そもそも老眼とは、近くのものが見えにくくなる状態です。
加齢による水晶体の調節機能力の低下で、近くのものを見る時のピントが合わなくなるために起こります。
近視は、もともと近くのものを見るピントが合っているため、老眼になっても、さほど不自由を感じにくいのです。
老眼鏡が必要ない人もいます。

 

しかし、遠方を見るための近視用の眼鏡をかけている場合は、眼鏡をはずすか、近視の度を弱くしないと、近くの物のピントが合わせにくくなります。
近視の度が強い人は、眼鏡をはずした上で、目を近づけないと見えにくくなります。

 

逆に遠視の人は、もともと近くのものを見るピントが合わない状態です。
それが老眼で調節力が低下すると、さらに近くのものを見るピントが合わなくなってしまいます。
要するに、老眼が始まったとしても、近視の人は自覚しにくい、遠視の人は不自由を早く感じやすいということになります。
けっして、近視の人が老眼にならないというわけではないのです。