老眼 回復

眼精疲労と老眼の関係

老眼の症状が出る前から、パソコンやスマートフォンの画面を見たり、コンタクトレンズを使用したりと、私たち現代人は1日に何十時間と目を駆使しています。

 

眼精疲労の原因は目を駆使すること以外にも、物をうまく見ることができず、眼を無理に働かせている調節性眼精疲労や、 精神的な不安などによって不具合が起こる神経性眼精疲労、眼の周辺の筋肉に負担がかかっている筋性眼精疲労などがあります。

 

これらの眼精疲労は、まだ若い内はピントを合わせる筋肉である毛様体や目の周りの筋肉が元気なので、回復は早いのですが、老化が進むと老眼になる年齢が早くなったり、目の奥が痛んだり、異物が入ったように感じる、眼が乾く、かゆくなるなどの症状がひどくなってきます。

 

それでも目を休めることなく使用していると、頭が重い、頭痛がする、肩こり、吐気、全身の疲労感など眼精疲労が原因で起こる全身の疾患が始まります。

 

 

眼精疲労を感じたら目に効くサプリメントでケアしましょう

目に良い成分をブルーベリーサプリメントなどで上手に摂って、目に良い生活を送りましょう。

 

ブルーベリーやカシス等に含まれるアントシアニンやDHAやビタミン、亜鉛といった成分も目の疲労回復や正常な働きをするために欠かせない成分であると言われています。

 

これらを日頃の食事から摂ろうとしてもなかなか難しいかもしれません。

 

そういう場合は、ブルーベリーエキスやユーグレナなどのサプリで補うのが手軽です。

なるべく目の疲労をためないようにする

眼球疲労を感じると、肩こりからくる頭痛・吐き気に襲われるので、できる限り長引かせないようにしています。

 

たとえば、適度に休憩をとり眼球を休ませる
集中しているときは、ついつい、目を酷使してしまいがちですので、デスク作業(パソコン)がメインの仕事のため適度な休憩を必要とします。

 

それから、目薬をさして、すっきりさせる
軽いストレッチをして、眼球疲労からくる、肩こりを緩和させる。
仕事おわりには、運動をして、肩こりを解消して、翌日に疲れを残さないように心掛ける。

 

これは私だけかもしれませんが、眼球疲労がたまり、肩こりが発生して、そのままにしてしまうと不眠や眠りが浅くなる傾向があるので、 湯船にゆっくり使ったり、運動することで疲れを残さないように意識しています。

 

また、眼球疲労から、肩こりに発展して、吐き気を伴ったりと体の不調を起こし、その後メンタルにも響くようになるので、 心で感じるストレスも発散するようにしています。
そのためには運動はよい発散方法のひとつです。

 

また、目によいとされている食品を摂取したりと、劇的に効果はないかもしれませんが、意識しています。
最近では眼のサプリも売られてますよね。

 

眼を使う仕事だからこそ、疲労は溜めないようにしています。

眼精疲労記事一覧

眼精疲労とは疲れ目のことで疲れ目は、目の使い過ぎによる水晶体の周りを取り囲む毛様体筋の疲労によって起こります。パソコンや携帯電話などを長時間使用することは、毛様体筋が緊張し、目に疲れがでます。また、眼鏡やコンタクトの矯正度数が合っていないと、無理にピントを合わせようと、毛様体筋に緊張が生じ、目に疲れがでます。老眼も原因のひとつです。毛様体筋肉の機能低下が老眼を引き起こします。老眼で見えにくくなった...

眼精疲労は、現代人の誰もに起こりうる目の障害だと考えられますが、放っておくと他の眼疾患を引き起こしてしまうこともあります。また、眼精疲労だと思っていても別の眼疾患であることも考えられるのです。例えば白内障は加齢と共に水晶体が白く濁って視力が低下する眼疾患として広く認知されています。しかし、最近では若年性白内障という若い世代にも現われているのです。白内障の主な症状として視界がかすんだり、視力が低下す...

目が痛い、疲れるといった眼精疲労(疲れ目)は、目が疲れたことによって目が重い、かすむ、頭痛がするなどの自覚症状が起こります。時間が経つと症状が緩和されることもありますが、人によっては目に関する症状が長期にわたったり、頭痛や胃腸のトラブル、精神的悪影響など、 他の症状を引き起こす場合もあります。眼精疲労は、遠視、乱視、老眼、継続的に目を駆使した作業などさまざまな原因が考えられます。その中でドライアイ...

私は日中、ワンデイタイプのコンタクトレンズを着用し、パソコン作業の多い仕事に従事しています。コンタクト着用時はなるべく乾いた状態で長くいることを避けて目薬を差します。パソコンだけでなく、スマホやタブレットも合わせて使いますので、ブルーライト対策として、専用の度なしメガネも着用したりもします。集中している時は忘れがちになってしまいますが、なるべく長時間パソコン等の画面を見続けないように、 また、外の...